スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
<< 飯田さん+梓さん  盗作 | トップ | 夜ご飯?中華街! >>
松岡圭祐 霊柩車No.4
れい
松岡さんの珍しく納得しそうな小説 
珍しい霊柩車のドライバーを主人公にし、死に面した人々の謎と心を解き明かす
展開が早くビックリした結末 
そして更にドン これは今後も続くんだなあと期待50パーセントの余韻
誰もが最後は直接的にお世話になりながら以外に知らない裏事情が出てきます
主人公の冷静でまっすぐな言葉や態度がいろいろ教えてくれます 
それだけは面白い小説でした 
読書感想文 | 21:30 | comments(0) | trackbacks(2)
スポンサーサイト
- | 21:30 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
2006/12/08 12:06 AM
これ、おもろい。もう、題名買い。 霊柩車なんて題名についた本を見たことがないし(検索すればある)、そもそもNo.4って…。 続編かと思ったけど、そういうことではないというところもなんだか新鮮。 題名買いだったから、作者の名前すら見なかった。 すみませ
【邪魔なプライド】
トラックバック
2007/10/15 7:55 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
-